TEAM ARROWStネットワークとチームワークによる「機動力」が、スピードと仕事量を進化させていく。それこそが、私たちARROWSの「強み」。

創業から約50年かけて培ってきた、業者・技術者たちとすぐに連携し合える、信頼のネットワーク。建設工事現場やさまざまな場面において、社員・パートナーが分け隔てなく互いに協力し合える、強固なチームワーク。それらが、ARROWSならではの強みである「機動力」を生み、圧倒的なスピードと仕事量を実現。そして、つねに120%を目指し、どんなことにも挑戦できる会社へと、これからも進化し続けていく。

ARROWSに「機動力」をもたらす、
揺るぎないネットワークとチームワーク。

私たちARROWSの最大の強みである、信頼に満ちたネットワーク。これは、1967年に建設資材販売業として創業して以来、地元の茨城県だけでなく、北海道や東北、関東の業者・技術者たちとの揺るぎない関係を、50年の年月を費やして培ってきた証です。さらに、建設工事現場ごとのパートナーシップや、社員としての雇用など、そのネットワークはさまざまな形で広がり続けています。そして、それは現場でのチームワークへと変わり、ARROWSならではの「機動力」を実現させています。

NETWORK & TEAMWORK

私たちARROWSの最大の強みである、信頼に満ちたネットワーク。これは、1967年に建設資材販売業として創業して以来、地元の茨城県だけでなく、北海道や東北、関東の業者・技術者たちとの揺るぎない関係を、50年の年月を費やして培ってきた証です。さらに、建設工事現場ごとのパートナーシップや、社員としての雇用など、そのネットワークはさまざまな形で広がり続けています。そして、それは現場でのチームワークへと変わり、ARROWSならではの「機動力」を実現させています。

ARROWSの「機動力」が実現する、
他にはないスピードと仕事量。

ARROWS独自の「機動力」は、特に大規模な土木工事現場などで最大限に活躍。ネットワークを生かした「機動力」で、100人を超えるチームを集結させることもでき、本来の会社規模であれば請け負えないような大規模・短納期な土工事も十分に請け負うことを可能にしています。そして、100%の施工内容で満足することなく、つねに120%を目指し、挑戦し続けることで、さらなるスピードと仕事量を追求しています。

SPEED & AMOUNT OF WORK

ARROWS独自の「機動力」は、特に大規模な土木工事現場などで最大限に活躍。ネットワークを生かした「機動力」で、100人を超えるチームを集結させることもでき、本来の会社規模であれば請け負えないような大規模・短納期な土工事も十分に請け負うことを可能にしています。そして、100%の施工内容で満足することなく、つねに120%を目指し、挑戦し続けることで、さらなるスピードと仕事量を追求しています。

ARROWSにとっての最適を目指す、
新たな設備・建機と技術導入。

ARROWSでは、さらなるスピードと仕事量を実現させていくために、つねに新たな設備や建機に注力。最新の建設機械を導入し、ICT(通信情報技術)による建機コントロールで、経験の浅いオペレーターでも高精度な施工ができ、熟練のオペレーターにおいても生産性を向上させる試みも行なっています。このように、土木工事の現場ごとに最適な設備・技術で対応し、人材を最大に生かしていくことにも取り組んでいます。

i-construction

ARROWSでは、さらなるスピードと仕事量を実現させていくために、つねに新たな設備や建機に注力。最新の建設機械を導入し、ICT(通信情報技術)による建機コントロールで、経験の浅いオペレーターでも高精度な施工ができ、熟練のオペレーターにおいても生産性を向上させる試みも行なっています。このように、土木工事の現場ごとに最適な設備・技術で対応し、人材を最大に生かしていくことにも取り組んでいます。

ARROWSの未来を築いていく、
社員への積極的なバックアップ。

ARROWSは、業界内において若手社員の割合が多いことも強みのひとつ。そして、その若手社員を中心に、土木工事現場で生かせる資格を取得させるため、それに掛かる費用を会社が全額負担するなど、積極的に社員をバックアップしています。さらに、若手社員はもちろん、今後は外国人労働者も好意的に受け入れ、業界の常識にとらわれることなく、あらゆる面において挑戦し続け、進化し続ける未来を描いていきます。

AGGRESSIVE BACKUP

ARROWSは、業界内において若手社員の割合が多いことも強みのひとつ。そして、その若手社員を中心に、土木工事現場で生かせる資格を取得させるため、それに掛かる費用を会社が全額負担するなど、積極的に社員をバックアップしています。さらに、若手社員はもちろん、今後は外国人労働者も好意的に受け入れ、業界の常識にとらわれることなく、あらゆる面において挑戦し続け、進化し続ける未来を描いていきます。